住宅ローンを借り換える際の金利の条件とは?

現在使用している住宅ローンが、あまりよい金利条件ではないという場合、どうしても損をしている気分になってしまいます。
当時は比較的有利な条件であったにもかかわらず、金利の推移によって現在は不利な条件になってしまうことは珍しくありません。
そんな時は住宅ローンの借り換えを検討してみるのもひとつの手でしょう。
もちろんその場合、現在利用しているものよりも金利が低くならなければ意味が無い訳ですが、それだけではいけません。
住宅ローンの借り換え時には、再び最初の申し込み時と同じように、各種の手数料や保証料が必要となります。
これらを考慮しておかないと、せっかく金利が安くなってもほとんど総支払額には違いが出なかった、というケースもありますので要注意です。