光回線を解約する時気を付けなければいけないことは?

光回線の解約料金ですが、これは各社によって定められた解約料金が存在します。
2年契約であれば、その期間を過ぎるといつ解約したとしても光回線の解約料金は発生しません。
しかし、『じゃあ、2年経ったらいつでも解約していいんだ。
安心だ』と誰でも思ってはいけません。
契約した時の内容によっては、2年契約、ではなく2年『定期』契約担っている可能性もあるからです。
以前は、この契約方法はなかったのですが、最近は割引を適用するために、この定期契約を結ぶことが普通になってきました。
どういうシステムかというと、2年経った際、契約更新月に解約しなかった場合は自動更新扱いになり、契約更新月以外に解約すると解約料金を支払わなければならないというものです。
注意しましょう。